走行距離が多い車の車査定

長年乗ってきた車を売却した場合、その年数に応じて走行距離がついてしまいます。
そこで今回はその走行距離がどのように車査定に影響を及ぼすのか考えたいと思います。

 

車査定における走行距離の大まかな基準

 

車を査定する際に走行距離は重要なポイントになります。走行距離は使用経過年数に応じた走行距離であればマイナス評価にはならないのです。
例えば年間の走行距離を12000キロだとしましょう。それを10年乗って120000キロ走行していれば基準内です。
そしてその基準を超えてしまうと減点されてしまいます。

 

走行距離は少ない方がプラス査定?

 

車査定において走行距離が少ないからといってプラス査定されないことは知っておきましょう。
むしろ基準の走行距離に満たない車の場合、機械が同的に十分に円滑に動いていないとみなされてマイナス査定になってしまうんです。

 

走行距離の多い車ほどマイナス査定

 

走行距離は査定の際の一要素にしかすぎません。実際はあなたが献身的に車に向き合ってどの程度他の部分をメンテナンスしてきたか否かも加味して査定は変わっていきます。
もちろん単純に走行距離が多い車はやはりマイナス評価です。

 

 

ホーム RSS購読 サイトマップ