ローンや残債が残っている車の車査定

車のローンが残っている場合、車の車検証の所有者の欄を確認してください。そうすると所有者の欄は車の販売店や信販会社の社名が記載されていると思います。
この時点では車はあなたの所有物ではありません。ですから自由に売却することはできません。
もし売却をしたい場合は、残債ローンをゼロ円にする必要があります。残債がゼロになったら車検証の所有者欄はあなた名義になります。
したがっていつでも自由に売却することができます。
また残債が少額になった場合、愛車を売却することで残債をゼロにする方法もあります。
相殺という形になりますので売却代金を次の車の頭金に充てることはできません。売却代金と残債を相殺させることになるわけです。

 

ただ査定にかけること自体はできるのですがその際に車検証の所有者欄については厳しく聞かれます。
というのも残債と買取価格を相殺できなければ、それ以上の残債の返済義務が買取店に移行してしまうからです。
このように移行してしまった場合、信販会社、販売店とあなたと三者を交えた売却になり色々と面倒です。

 

ちなみに残債が多額すぎる場合は自動車の売却を通常できません。
ただ購入店に持ち込むことで残債の全額返済の覚書を書かされた状態では何とか売却はできるようです。

 

ホーム RSS購読 サイトマップ